帯広でおもしろいお店と出会いたい
0

    手渡された
    帯広のグリル肉を食べた後、「(2枚のチケットが残っているので)おもしろい店がありますか?」と尋ねると、「ハンターズ・ショップ・北海道」がありました。ここで私は鹿と野生のイノシの肉を扱っています。私は飛騨牛の手持ち寿司に魅了されましたが、面接は印象的ですが、店員の動機が不足しているため停止しました。

    店員は「2枚の帯広を食べたらどうしたらいいですか?」と尋ねると、「鹿のペック(ハンバーガー)の半分の大きさと鹿のソーセージの盛り合わせとイノシシ? "返信が戻ってきた。

    帯広出会い
    「さあ、食べ終わったら、店員さんとジビ(野生の肉)を話しました。高山市に住んでいた時、私たちはフランスのレストランで猪と鳩を食べました。クマ、または店員が食べました。私は、私が店にウズラを入れたいと言っていました。

    当分の間、敗者が少ないイノシシのソーセージからそのような料理が完成する。
    うん。私は安全に食べることができます(笑)
    次に、帯広は鹿のソーセージを食べる。そして、私は焦燥している。脂肪が少ないので、あまり美味しくない。まあ、それは鹿肉のような感じです(馬肉と違う味)

    最後に "鹿の魚"を食べる。
    予期せず "!!"鹿の概念が変わった。それは過言ではありませんか?

    posted by: gizan763 | 帯広 | 19:05 | comments(0) | - |